ページランク表示ツール

Ticket To Ride - カバーズ曲集

CARPENTERS




TICKET TO RIDE


カーペンターズのデビュー・アルバム『涙の乗車券』。もともとは1969年に『オファリング』というタイトルでリリースされたが、すぐにジャケット、タイトルが変更されたというエピソードがある。録音当時、兄のリチャード・カーペンターは22歳、カレンは19歳ということで、後の作品の完成度と比べると若い雰囲気の漂う本作だが、リチャードの作曲家/アレンジャーとしての才、カレンの歌の上手さは早くもキラメキを見せている。

曲目リスト

ディスク1
1. 祈り
2.ワンダフル・パレード
3.いつの日か愛に
4.ゲット・トゥゲザー
5.私のすべてをあなたに
6.ターン・アウェイ
7.遥かなる影
8. 涙の乗車券
9.恐れないで
10.何んになるの
11.オール・アイ・キャン・ドゥ
12.眠れない夜
13.歌うのをやめた私
14.神の祝福を


The Beatles




涙の乗車券

ビートルズ2作目の映画のサントラとして発表されたアルバム。白眉は何といってもM1「ヘルプ」。アップ・テンポな演奏と性急なメッセージ、絶妙なハーモニーが格好イイ(後にジョンは速すぎたと語っていますが)。M3はよくボブ・ディラン、フォーク・ロックの影響を指摘される名曲。アコースティック・ギターの響きとリズムのノリが面白い仕上がり。キャッチーなイントロのフレーズとドラムが特徴的な作品M7「涙の乗車券」。ストリングスを使ったM13は世界で最もカヴァーされたことの多いポールの名作。

曲目リスト

ディスク1
1.Help! [from the Film Help! ]/2.Night Before [from the Film Help! ]/3.You've Got to Hide Your Love Away [from the Film Help! ]/4.I Need You [from the Film Help! ]/5.Another Girl [from the Film Help! ]/6.You're Going to Lose That Girl [from the Film Help! ]/7.Ticket to Ride [from the Film Help! ]/8.Act Naturally/9.It's Only Love/10.You Like Me Too Much/11.Tell Me What You See/12.I've Just Seen a Face/13.Yesterday/14.Dizzy Miss Lizzy/15.Help Mini-Documentary [Multimedia]

寂しくなるでしょうね
今日だと思う
あたしを夢中にさせた彼が
遠くに行ってしまうのは

彼は行ってしまうのよ
彼は行ってしまうのよ
彼は行ってしまうのよ
まったく平気な顔をして

あたしと暮らしていると
気が滅入ってくるんだって
あたしがそばにいると
自由にのびのびできないんだって

彼は行ってしまうのよ
彼は行ってしまうのよ
彼は行ってしまうのよ
まったく平気な顔をして

どうしてあんなに高飛車なんでしょう
もう一度考え直して
まともに相手をして欲しいのに
さよならを言い出す前に
もう一度考え直して
きちんと相手をして欲しいのに


寂しくなるでしょうね
今日だと思う
あたしを夢中にさせた彼が
遠くに行ってしまうのは

彼は行ってしまうのよ
彼は行ってしまうのよ
彼は行ってしまうのよ
まったく平気な顔をして

寂しくなるでしょうね
寂しくなるでしょうね

楽や

powerd by 楽や
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。